運動神経を伸ばせるのは、子どもの時だけ!?

体操教室で養える3つの力
運動をする上で、重要な感覚や身体を動かす神経を運動神経と言います。

その運動神経は子どもの時にのみ成長します。
神経系は、0歳~13歳まで急速に成長すると言われています。
この成長期間を「ゴールデンエイジ」と言います!

「ゴールデンエイジ」に様々な動きを体験することが、
将来の運動神経を大きく左右するのです!

そして、「ゴールデンエイジ」にする運動には、体操がピッタリなんです!



スタートランドの体操教室で養える三つの力
①全身運動で感覚や筋力が養える
体操はすべての運動の基礎と言われています。
全身を使う運動をすることで、将来別のスポーツに
チャレンジする際に役立つ運動能力を身につけます。

②がんばる心・考える力を養える

体操は決して簡単なスポーツではありません。
できるようになるまであきらめずにがんばり、
考えることで精神的な成長も助けます。

③礼儀礼節も養える
体操は「礼」に始まり「礼」に終わるスポーツです。
スタートランドでは、あいさつや集団行動も
指導の一つとして考えています。


講座案内はこちらから
scroll-to-top